【必見】もう悩まない!社会人からの看護師へ転職する3つのステップ
男性看護師

こんにちは。コタローです。

20代で起業家,30代で看護師になった,現役看護師です。

 

あなたは以下の悩みがありませんか?

 

悩み

・社会人から看護師になりたいけどどうしたらいいの?

・失敗しない学校選びってあるの?

・看護学校に行くための費用は?

 

 

この記事ではこういった疑問にお答えしますね。

本記事の内容

・社会人から看護師になるための方法

・失敗しない学校選び

・看護学校に行くためにかかる費用

 

 

僕は31歳から看護専門学校へ行き34歳で看護師になりました。

「いやいや、もともとかしこかったんじゃないの?」

こんな声も聞こえてきそうですが、そんなことはありません。高校はぎりぎりはいった公立高校。社会人になっても勉強は大の苦手。受験勉強はなんとか自分の得意科目がある学校を選びました。

 

そんな僕が解説していきます

社会人から看護師になる方法 3選

看護学校

①4年制の看護大学へ行く(大学に行ってないヒトに限る)

 

一つ目は【4年制の大学に行く】です。

ここは、僕も経験がないので看護師になって大学出の知人に聞きました。そして、僕が思うメリット・デメリットについて解説していきます。

 

まずメリットですが以下になります

 

メリット
・時間に余裕がある
・新しい友達を作って青春できる
・就職後の給料が高い
・保健師になれる(※注意 保健師課程がある大学のみ)
・スムーズに専門看護師や研究員になれる
要約すると
『学生生活を楽しみながらも、将来的にはジェネラリストやスペシャリストを目指せる看護師になりたい』と思った方は大学に行くことをお勧めします。
しかし、そうでなければあえて大学に行く必要はありません。逆に揺るぎない意志がないならデメリットもあります。それが以下になります。
デメリット

・学費が高い
・入試が難しい
・就職後、末端の看護師なら給料はそんなに変わらない
・学生時代の誘惑が多く浪費が増える

 

『俺は看護師になる』って目標だけであれば、特に大学に行かなくても良いと思います。

ワンポイントアドバイスまとめました。

 

ワンポイントアドバイス

就職後の給料が高いと言っても,病院によります。さらに多くても数千円〜10,000円程度です。生涯賃金について比較しましょう。学生生活は専門学校3年間,看護大学4年間です。仮に専門学校を卒業し看護師になると年収は400万円です。
4年制大学の一年間の授業料を約50万円と想定すると3年で看護師になった場合の年収は
約400万円,そして授業料50万円となり合計450万円の差が1年でついています。
では4年制大学卒業後に給料10,000円多くもらっていたとしてその差が埋まるのは単純に計算して450ヶ月なので約37年間でやっとトントンです。(ボーナスなどを含むともう少し年数は縮みますがそれも病院によります)
なので,
専門看護師や研究者になりたい
保健師になりたい
ゆとりをもって看護の勉強をしたい』
『バイトやサークル活動で社会経験を積んで幅広い視野を持ちたい
こんな目標があれば,ぜひ看護大学をお勧めします。
ですが『看護師に俺はなる』って一点集中であれば専門学校をお勧めします。

 

②専門学校,短期大学(3年制)へ行く(大学卒業歴のあるヒトはこちらで)

早速ですが専門学校へ行くメリットは、単純に一番最短で慣れます。

『いやいや最短は看護専門高校からの一環校でしょ』

確かにそうですが、社会人から看護師になる方法なのでこれが一番最速です。

さらに、大学のデメリットでも説明しましたが学費は1年分安くなるし、年間の授業料も専門学校の方が安い。授業料に関しては下の『学校ごとにかかる費用』にまとめています

 

メリット
・4年制の大学より1年早く、看護師になれる
・学費が大学より安い場合が多い
デメリット
・とりあえず忙しい

ワンポイントアドバイス

社会人からの看護師向けの,記事なので断然こちらをお勧めします。大卒者であれば,就職時の給料は大卒者と同じです。大卒者ではなくても4年制の大学でのメリットで取り上げたことも,通信や放送大学で,給料をもらいながら,大卒者になれます。ただ,しんどい。専門学校でも,4年制の大学でも厚生労働省で定められたカリキュラムをこなすため,4年と3年ではゆとりが違います。ただ,社会人から看護師になるにはこのくらいの意気込みがなければ,入試や就職試験の面接でもうまくいきません。

③准看護師の道で行く

准看護師に関しては,看護師と比較した表を提示します。

准看護師 看護師
入学要件
(最終学歴)
中学校卒業 高校卒業
年限 2年以上 ※2年で免許取得が可能! 3年以上
履修時間 総時間数:1,890時間
・基礎科目70,専門基礎科目350
・専門科目1,470(うち臨地実習735)
※2022年度から見直し(分野表記へ変更)
・総時間数:1,890時間と変わらないが,分野内の教育内容と時間配分が見直された
・基礎分野70,専門基礎分野350
・専門分野1,470(うち臨地実習735)
総単位数:97単位(3,000時間以上)
・基礎分野13,専門基礎分野21
・専門分野63(うち臨地実習23)
※3年課程は2022年度から,2年課程は2023年度から見直し
・総単位数:102単位
・基礎分野14,専門基礎分野22
・専門分野66(うち臨地実習23)
資格発行 都道府県知事の免許 厚生労働大臣の免許
仕事 保助看法第6条
「医師・歯科医師又は看護師の指示のもと]で,傷病者若しくは褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行う。
保助看法第5条
傷病者若しくは褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行う。
業務 准看護師と看護師に「業務の範囲」の差はない。
自らの判断による看護業務はできない。 自らの判断により,看護を提供できる
キャリアアップ 看護師 保健師・助産師・特定看護師・専門看護師・認定看護師・診療看護師

ワンポイントアドバイス

准看護師でも患者のためにケアをすることは一緒です。厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」によると,准看護師全体の平均年収は約403万円。看護師全体の平均年収は約478万円。年間で75万円、月間62500円/月の差があります。ただ,どこの職場に就職したいかで大きく変わってくると思います。准看護師は施設やクリニックで働かれている人も多く,就職先に合わせて免許所得を考えることが大切です。

 

失敗しない看護学校の選び方

失敗しない学校選び

結論:どこでもいい

なぜなら看護師の免許を取ることが目的だからです。

 

ぼくは附属の看護専門学校だったのですが,附属にしてよかったです。

 

就職後,附属の学校だと,3年間一緒に勉強してきた仲間が同じ職場に多く就職します。しんどいときにすれ違った同期と声を掛け合っていたことを思い出します。

 

看護師1年目は業務内容,病態整理,医療機器の管理,医療行為など覚えることが山ほどあります。

 

正直,社会人経験を10年やっていた僕も,今までの経験はなんだったのかと思うくらい,仕事内容が特徴的すぎて,覚えるのが大変でした。

 

だけど,わからないことを気軽に相談できる仲間がいて,何度も助けてもらったのは今でも覚えています。だから,附属の病院でよかったと思ってます。

 

ぼくちゃん
じゃあ附属じゃなかったらだめですか?

 

こた
実際に他の学校から来ていた同期も多く,頑張って1年目を乗り越えている人もいました。なので,必ずしも附属の学校が良いわけではありません。あなたに,やりたい看護があれば問題ないですよ

結論

どこでもいい

僕も苦労しましたが,免許がとれればなんとかなります🤣

 

学校ごとにかかる費用

学費

最後に,大まかな大学と専門学校との費用を見比べてみましょう

学校種別 支払い期間 学費総額(概算)
大学(私立) 4年間 約450〜700万
大学(国公立) 4年間 約250万
短大(私立) 3年間 約400万
短大(国公立) 3年間 約250万
専門(私立) 3年間 約250万
専門(国公立) 3年間

約60万円

 

また,一例ですが,授業料とは別に下記の金額がかかります。(下記の内容は参考:岡山労災看護専門学校HP

費目 1年目 2年目 3年目
教科書代 約 220,000 約 35,000 約 3,500
被服費・
演習用品等
約 57,000
新入生研修費 約 10,000 約 10,000
実習 約 24,000 約 33,000 約 188,000
教材費 約 16,000  約 4,000 約 4,000
模擬試験代・
国試対策費
約 10,000  約 12,000  約 15,000
保険料 約 9,000 約 9,000 約 9,000
合計 約346,000 約103,000 約219,500

 

ワンポイントアドバイス

これは,かなり安いです。さらに,労災病院は附属の学校なので,実習費が安いのが特徴です。僕は国立病院附属専門学校で,学校の横が病院だったので,移動費はほとんどかかりませんでした。付属じゃない場合は,移動費は全て自腹になるので注意してください
以上が今回の記事になります。

結論

①社会人から看護師になるための方法

4年制の看護大学 3年制の専門学校 准看の学校のどれかに行く】

②失敗しない学校選び

【どこでも大丈夫】

③看護学校に行くためにかかる費用

【60万〜700万円】

以上です。
どうだったでしょうか?
次回は,社会人から看護師になる時に使える奨学金,支援金について紹介します。
じゃまたね😁

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事