成功者が必ずしも幸せではない。あたなは幸せになりたい?成功したい?
成功者

最近,ネットやTwitterで

『成功する人はテレビをみない』

と目にする機会が増えたように感じます。

ですが,ここで1つ感じたことが

成功者ってなに?

成功者って幸せなの?

ということで,今回の記事内容は以下の疑問や悩みを持った人向けです

ギモン,悩み

・成功者ってなに?
・成功者は幸せなの?
・どうしたら幸せになれるの?
こんな,ギモンや悩みを解決します。
こんにちは,20代で起業家,30代で看護師になったコタローです。

結論

・成功者とは『尊敬できるヒト』
・幸せとは『心が満ち足りているコト』
・成功者は必ずしも幸せではない

成功者とは

あなたが思い浮かべる『成功者』とはどんな人を思い浮かべますか?

ぼくちゃん
アップルの元CEOやAmazonのCEOやマイクロソフトのCEOやソフトバンクのCEOだね

kota
その方々は『個人資産』が世界長者番付にのるような方々ですね

ぼくちゃん
うん。何だかお金持ってる人って,ビジネスで成功してるんだなって思ってるから

kota
そこです。いいこと言ったね😄日本人の成功者とはそうとらえられることが多いよ

せい‐こう【成功】
①目的を達成すること。事業などをなしとげること。「大陸横断に―する」「―をおさめる」↔失敗。
②転じて、地位や富を得ること。「―者」
③事業を成就した功績。

ここに書いてある通り
成功とは目的を達成することです。
ただ,日本では成功者といわれる人は一般的に②の内容に属する人が多いように感じます。
となると,地位や富を得られないと成功者じゃないのであれば,大半の人は成功者になれないまま生涯を閉じることとなります。

お金持ちが成功者か…

お金持ちはどのくらいお金を持ったら成功者なのか…

100億の資産を持っていいる人より,1,000億の資産を持っている人の方が成功者なのか。

なんだか違う感じしません?

ぼくちゃん
うん。お金はあって困らないけど,お金あったら成功者ともいいにくいよね
そこで,私が尊敬する師に成功者について質問してみた。

そこで師はこう答えてくださった。

師匠
海外では成功者は『尊敬される人』です。日本では,お金を持っている人になっているけどね。『お金を持っている人』も大切ですけど。
私は,目から鱗でした。こうまで世界と日本で考え方が違うのかと…
この意見を参考にネットを見てみると,
確かに,一般的に尊敬できそうな人をあげています。
成功する人とは尊敬される人
このブログではこれを定義にしたいと思います。

幸せとは

次に『幸せ』について考えます。

幸せを広辞苑で調べるとこのように出てきました。

し‐あわせ【仕合せ】‥アハセ
①めぐりあわせ。機会。天運。仮名草子、伊曾保「こは―わろきことかな」。「ありがたき―」
②なりゆき。始末。好色一代男4「その科のがれず、つひには捕へられて、この―」
③(「幸せ」とも書く)幸福。好運。さいわい。また、運が向くこと。狂言、末広がり「―というて、身についた―ではおりない」。「―な気分」「末永くお―に」

えっ?
むずかし…意味がわからん
いや,よくみると③がここではあてはまるのか。
じゃあ,幸福だと

こう‐ふく【幸福】カウ‥
心が満ち足りていること。また、そのさま。しあわせ。「―を祈る」「―に暮らす」「―な人生」

うんうん,こっちの方がしっくりくる😁
つまり,現状に満足しているコトを『幸福』や『幸せ』と表現するんですね。

成功者は幸せなのか

最後に『成功者』は『幸せ』なのかについて考察します。

ヒトは誰しも幸せを願って日々活動していると思います。

『今の生活より良くなりたい』

『今よりもっと楽しいことしたい』

『出世して責任ある立場になって給料もあげたい』

などなど,あなたも必ずと言っていいほど,現状より良くしていきたいと願っているはずです。

このブログでの『成功者』は『尊敬できる人』ですが

『尊敬できる人』が『幸せ』なのかってことですが,

これらは,評価軸が違いますよね。

『尊敬できる人』って他人軸で

『幸せ』って自分軸じゃありませんか?

つまり,『成功者』=『幸せ』ではないと言うことです。

かの有名な,スティーブ・ジョブズも亡くなる前にこう言っていたそうです。

あんなに仕事をしなければよかった、もっと家族との時間を大切にすれば良かった

この言葉が果たして本当に言われていたかどうかは,直接聞いたわけではないのでわかりません。

ですが,いま世に出回っている言葉です。

でも,たしかになって思うところもあります。

あなたに1つ質問します。

「今までに楽しかったな,嬉しかったなって思ったコトを想像してください」

なにが思い浮かびましたか?

思い浮かんだ内容は,お金やモノではなく『経験』ではありませんか?

大好きな人と一緒にいった思い出の場所や

家族と一緒に過ごした時間

そして仲間と語り合ったあの時

これらのことではありませんか?

私事ですが,20代の時仕事に没頭し,過去を振り返らず進んできた時にある挫折をして,気持ちがかなり落ち込んだことがあります。

そんな時,ふと4歳まで住んでいた借家を思い出しました。

足を運ぶと,もう誰も住んでいなくぼろぼろになっていましたが,何となく当時の記憶が蘇りました。

私の両親は離婚しており,家族が仲良く住んでいた時期がその時だったように思います。

そこで感じたのは,つらくしんどい時は,温かな思い出が蘇るんだなって…

そこには,お金云々のことは一切思い出していませんでした。

少し話がそれましたが,やはり経験が喜びとして残っているのだと思いました。

私は,『尊敬されるヒト』にはなれないかもしれませんが『幸せ』にはなれると思います。

あなたもそうではありませんか?

まとめ

どうだったでしょうか。『成功』と『幸せ』は別物であると言うことです。

ただ,幸せになる過程で様々な成功が必要なのかもしれません。

しかし,逆も然り失敗も幸せになる過程だと思います。

あなたも,焦らず,今大切にすべきコトを立ち止まって,見渡す必要があるのではないでしょうか。

そんじゃあね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事